ウエスタンレッドシダーデッキ・フェンス・内外装ならウッディロバートへ
MAIL: shopmaster@woody-rbt.co.jp
TEL: 03-3522-1800 FAX: 03-3522-8380

ギャラリー フェンス(2)

自然素材でフェンス

今回の現場には人工木材での既存のデッキがありましたが、お施主様には人工木材の限界を理解いただき、私の提案通り自然素材でフェンスを造りました。
全20m余のフェンスは、外界ときっちり遮断する事が出来、色目も自在に選べる利点を活かし、浮いた感じの人工木材の存在を幾らか全体調和へと近づけて仕上がったのではないかと思っております。

自然景観設計舎.LTD様より

フォーレスト様施工写真7

株式会社フォーレスト様から届いた施工写真です。
建物に取り込んだレッドシダー材が自然に溶け込んでいきます。

■施工例12:Ail Living「バイクアトリエの家」
緩やかな山間の区画宅地での二世帯住宅への建て替え計画です。西の通りの向かいは、山の木々が生い茂る自然の壁が形成されています。親子世帯のご夫婦各々の4台分の駐車プランと、日常の生活リズムや動線をはじめ、世帯間の程よい距離感などを塾考された提案となりました。そんな住まいに更なる特色を醸し出しているのがバイクアトリエの存在です。ご主人こだわりのカスタムバイクを創作するためのアトリエ空間となっています。■福井県大飯郡

レッドシダー使用部分:
デッキ材・フェンス部材・バイクアトリエ扉・玄関敷台・Air Living「ルーバーフェンス」


施工例13:Gate Garage「緑と庭の家」
この家には庭をL字に囲う緑とそれを覆う軒があります。かつて日本家屋に見られたどこか懐かしい穏やかな風景。またほぼ平屋で計画されたこの住まいは、子育てのひとつの理想空間でもあります。
遊び、学び、食べるところ、昼寝るところと夜寝るところ、それぞれの空間がすべて緑と庭につながっています。■京都府舞鶴市倉谷

レッドシダー使用部分:縁側デッキ材、玄関敷台デッキ材

[設計デザイン・施工]
株式会社フォーレスト/フォーレストデザイン一級建築士事務所

HPアドレス:www.forestdesign.jp

フェンスにレッドシダー

去年作ったウリンのウッドデッキにウッドフェンスを作りたく、軽くて丈夫なレッドシダーを選びました。
初めて使ったのですが、加工がしやすく90角以外は全部丸鋸無しで手鋸で加工ができました。匂いもいい匂いで大変気に入りました。また利用させていただきます、ありがとうございました。

埼玉県 H様より

白く塗装したフェンス完成!

ウッドフェンスが完成したのでご報告します。
とにかくこんな大物を一人で製作するのは初めてだったので、インターネットの施工例と書物を駆使して、なんとか出来上がりました。

長さは約10m、高さは1.2mです。基礎になる束石は高さ45cmのものを7個、近所のホームセンターで買ってきました。
今回一番苦労したのは、この束石が重くて高さも45cmあったので穴を掘るのも大変でしたが、垂直、水平、向きを7個揃えるのに水準器と水糸で四苦八苦しながら、なんとか土台を完成する事が出来ました。

今回、色は白くしたかったので、塗料はキシラデコールのワイスを2度塗りしました。
キシラデコールは防腐剤なので普通の塗料に比べて真っ白くはなりませんでしたが、レッドシダーの木目が少し残って丁度良かったと思います。
メインの支柱は1500x90x90を7本、横板は1820x16x140を42枚、笠木は1820x40x90を6枚使用しました。
今回の作品でだいぶ自信が付いたので、又是非何か企画したいと思いますのでよろしくお願いします。

鎌倉市在住のお客様より

花崗岩の石積みの上にフェンス

今回、初めてウッディロバートさんでWRCを購入しフェンスを製作しました。

庭先に花崗岩の石積みを施工したのを機に、取り組みました。施工時に石材店さんにお願いし、PB-42という脚柱金物を天端に設置していただきました。

これに柱を立て、枠を組みフェンス材を張り付けたということですが、材料塗装を2回塗りとしたため時間がかかってしまい、紅葉が始まったモミジが今はほとんど落葉してしまっています。夜霧の降りる11月の作業は効率的でないと知りました。
材料は、余裕をもって発注しなかったため、欠けたものや痛みの激しいものも使ってしまいました。そのうち交換しようかと思っています。

デザイン的にはウッドデッキの手摺のようになってしまいましたが、強度は十分です。体当たりしてもビクともしません。来年春にはポストヘッドでも付けて、少し飾ろうかと考えています。
春になり暖かくなったら、いろいろなものを作ってみたいと思っています。材料が値上がりしないことを願っています。

愛知県O様より

コツコツと10mのフェンス完成!

こんにちは、レッドシダー購入後コツコツとフェンスを作ってきましたがこの度ようやく完成しましたのでご報告いたします。

今回製作しましたのはフェンス材の1x4材を単純に貼り並べるといったシンプルな作りのもので、防腐剤は定番のキシラデコール(ウォルナット)2回塗り仕上げです。
木材を使った日曜大工は今回が初めてでしたが、正確にプレカットされた製材のせいか長さ10mを超えるフェンスでもとても真っ直ぐに作ることができ、我ながらプロの仕上がり?!と思えるほどでした。
実ははじめ、業者さんに依頼してフェンスを作ってもらおうと思っていたのですが、ウッディロバートさんのWEBサイトが目にとまり、作りたいものをどういったサイズの木材で作るのかをわかりやすく表示されているのを見て、自分でも比較的簡単に出来るのではとやってみた次第です。

今回想像していたものよりも良いものができたのは、とても品質の良い木材を送っていただいたウッディロバートさんのおかげだと思います。またあの米杉のいい香りが嗅ぎたいので早くも次回は何を作ろうかと思案しているところです。
また良質な木材を発注させていただきますので、その折には何卒よろしくお願い致します。

北海道S様より

塗装屋さんのフェンス施工

お世話になっています。
ウッディロバートのレッドシダーとても良かったですよ。施主さんもとても喜んでいました。
私は塗装がメインでやっているのでウッドフェンスを作ったりするのは本業ではないのですが頼まれたら出来る範囲で仕事をさせてもらっています。

SHINE PAINT  阿部様より

木材屋さんを探してウッディロバートで

庭の柵を製作

庭の柵を作ろうといくつか木材屋さんを探しました。
まったくの初心者だったので設計自体や木の大きさがよくわからなかったのですが、ウッディロバートさんのホームページで木のサイズ表や施工例を見ながら注文をしました。

後日、丁寧に包装された木材が届き、水性の木部保護塗料(オリーブ色)を2日かけて塗り、翌週妻と不慣れな者同士で組み立てました。
初の本格的DIYで良いものができてとても嬉しかったです。
これからも縁側やベンチ製作等でお願いしたいと思います。

千葉県 有田様より

隣地境界に目隠し板塀

目隠し用板塀

作成したのは、隣地境界との目隠し用の板塀であり、境界の全てを囲ってはいません。大きさは見えている部分のみで、高さ1.8mx長さ3.6m、高さ1.2mx長さ5.4m程度です。
1人で土日のみ作業し、基礎部分の作成や塗装含め1ヵ月半ぐらいかかりました。
一番苦労したのは控柱用パイプの埋め込みでした。

柱地中は4x4用のフェンスブロックを使い、柱材はウリンの2x4材2100ミリ(他店で購入)にWRCの2x2材(2x4材を半割)を左右から接合しました。
左右から接合したWRCは、フェンスブロック以降の高さとし柱幅が140ミリ程度になってフェンスブロック内に沈みませんので、その部分で左右並行になるよう取り付けました。よって柱の垂直立ては前後方向の傾きのみを気にすれば良くて楽でした。

あとは左右接合したWRC部分に重なるようにWRCフェンス部材を切り出し、笠木部分から順に張り付けていって完成です。
なお、控え柱は70センチメートルの足場パイプを65センチメートルほど埋め込み、その上部に加工した木材をボルト止めし、控柱となるWRCとビス止め接合しています。
控柱の強度が気になりますが、先日の低気圧による強風でもビクともしていませんでしたのでホッとしているところです。
本当は、控柱は専門家のアドバイスをいただきたいところですね。
今後も使う予定がありますので、宜しくお願い致します。

千葉県O様より

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

土・日曜日・祝日は定休
年末年始・夏季休暇あり
平日営業
AM9:00~PM5:00

■TEL・FAXのお問い合わせ
TEL:03-3522-1800
FAX:03-3522-8380
FAXでお見積りをご希望の方はFAX見積依頼シート(PDF)を印刷してご利用ください。

スタッフ日記

ページトップへ