風雨にさらされる場所にレッドシダー【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140411-1】

風雨にさらされる場所にレッドシダー

ウッドデッキとしての材の購入ではありませんので、参考になるかわかりませんが、現時点での状況写真を送らせていただきます。
とりあえずはほぼこの状態で使用したいと思っています。
後日、板張り(スリット)またはポリカーボネート張りとする予定です。
風雨にさらされる所なのでウエスタンレッドシダーを選択しました。

山口県S様より

門扉と塀を作りました!【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140411-2】

ウッディロバートから購入致しましたレッドシダー材ですが、添付写真の様な出来映えとなりました。
全てDIYですので適当な作りですが、近所の評判も上々です。
このあたりではこのような木材を使った門扉や塀をほとんど見かけませんので珍しいらしく、中には手で触って感触を確かめて行く人までおります。
防腐剤を塗っただけですが、古い家とマッチして何ともいえない雰囲気で家内も大満足です。

レッドシダーで門扉と塀

ネットで検索して”ウッディロバート”にたどり着きましたが、本当に良かったと感謝しております。また加工のしやすさもすばらしいです。
あとは防腐剤を塗りながら今後の耐久性がどんなものか見ていきたいと思います。

@HIRO 様より

Woody Fence をDIY【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140411-3】

34mと16mのフェンス

庭の前面と裏の家と共通の隣家との境界の2面に木製のフェンスを造ろうと、裏の家のご主人と共同で作成しました。
既に裏の家との境界に同じ仕様でデッキ材(イペ)を頼んだ所で購入したアメリカンレッドシダ―で14Mのフェンスを作成しており、今回も同じところで購入するつもりでしたが木材のサイズや値段が変わっており、再検討していた所ウッディロバートさんのサイトが目に留まりました。

必要な部材は高さが55cmと60cmでしたので短尺材の1×2×1200mmで2枚の部材が取れるという事とカットするにも取り回しやすいという事と、それと何より費用を計算したら全体で2万円以上安く出来る事がわかり、早速サンプルを取り寄せ問題が無いことを確認して発注いたしました。
サンプルの取り寄せから発注、納品まで非常にスムースで届いた材は反りや曲りもなく品質に全く問題なく満足できるものでした。

丸鋸で所定のサイズに立板385枚、横桟(2×2×2400mm)50本をカットして写真のフェンスが出来上がりました。フェンスのカーブは野菜を保護するためのトンネルなどを作るプラスチックの棒(2.1mでホームセンターで100円位)を頂点と両端を画鋲でとめて弧を描き、電動ジグソーでカットし、フェンス板の連続性を出すために柱は20mm×40mmのアルミ角材をカットして加工し使用しています。
勿論土台のブロックから全てDIYです(道路側のブロック下段は擁壁用CPブロック)。
出来上がりには満足しています。また通りがかりの人にも良く褒められます。

神奈川県S様より

デッキ、用品庫、ピザ釜の設置と改修【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140404-1】

先般レッドシダー材を購入した下関の伊村55歳です。
4月に早期退職し、5月に老後に備えた段差解消やオール電化へのリフォームを工務店に依頼し、8月中旬に完成しました。
それから自分でDIY用品・農具・ゴミの収納庫を作ったりウッドデッキの改修をしたりして、先日ようやく一段落したので、今回はウッドデッキ部を報告します。

デッキの補修、収納庫、ピザ釜

ウッドデッキは平成11年に別口のリフォームをしたときに当時の好みで異形(台形)で工務店に作ってもらったのですが、やはり使いやすい長方形にすること、アウトドア用品が増えて押し入れを占領するようになったので用品庫と、家内のリクエストでピザ釜をデッキの一部に備えることを目的に改修しました。
メンテナンスは頻繁にしており、デッキ材の傷みは端部分がほとんどだったので、予算の面から、元をできるだけ残して強度を確保しながら端部分を継ぎ足すことを基本とし、カットしたものも傷みのない部分は短材として再利用するなど、できるだけ無駄が出ないように心がけました。
本当は全部レッドシダーで作りたかったのですが、用品庫やピザ釜にはリフォームで出た余材を積極的に使うことにし、貴店への注文は必要最小限にとどめました。(許してね)写真を添付しています。

本来きっちりした性格で、1mmでも狂うと気持ち悪いのですが(嫌らしいですね!)相手が木やコンクリート・ブロックでは日曜ダイカー(まあ、毎日が日曜ですが・・)には如何ともし難く、細かく見るとあちこち粗が見えます。
また、ピザ釜はも少しコンパクトにしたほうが蓄熱性も作業性も良かったし、このあたりは風が強いので柱の固定も後何カ所かボルトを入れるべきだったなど反省点はいくつもありますが、まあ素人仕事としてはこんなものかな、と。
次はも少し良い物ができると思うけど、その機会はあるのでしょうか。誰か作らせてくれる奇特な人はいないものか。

先日初火入れをしましたが、ピザはまあまあ、芋がとてもおいしく焼けました。恐るべし遠赤外線。年末に子どもたちが帰ってきたらデッキも釜も活躍させましょう。材木庫・濡れ縁などまだいくつも作りたい物があるので、また注文します。乱文お許しを。

基礎は雨桝を利用!【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140404-2】

幅6メートルのフェンス完成

こんばんは。以前レッドシダーを購入した村上といいます。
ウッドフェンスが無事完成したので、写真を送らせていただきます。
基礎は雨桝30x30x40を型枠がわりに使用して、コンクリートを流してそのまま埋めました。
地面からは高さ1900幅 幅6000のフェンスに仕上がりました。
塗装はキシラデコールカラレス1回塗り、キシラデコールウォルナット3回塗りで仕上げています。初めての作成でしたが、レッドシダーは加工がしやすかった気がします。
また機会があればよろしくお願いします。

香川県の村上様より

フォーレスト様施工写真4【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140403-1】

株式会社フォーレスト様から届いた施工写真です。
デザイン性抜群のお宅に、当店レッドシダーを使ってフェンス・デッキ等に利用して頂いております。
それぞれの家にテーマがあり、思いのこもった建築をみせてくれます。

■施工例7:帯庭の家
背景は森。その森へと誘うベクトルでもある「帯庭」を、ランドスケープの一つとして計画しました。帯庭の先端にはシンボルツリー。まるで森から一本飛び出てきたみたい。そして矩形の住居スペースから引き出された平屋の居住空間が、この帯庭に浮かぶように佇んでいるのです。森の自然を日常に愉しむ仕掛けとして、帯庭の存在がこの地に住み続ける家族を結ぶかのように。

レッドシダー使用部分:デッキ材
フォーレスト様帯庭の家

■施工例8:緑洞の家
山、川、遊歩道、公園に囲まれたロケーション。家族室を2階に配し勾配天井と高窓から陽光が差し込みます。また地上から浮遊した家族室は、公園や遊歩道からの視線が気にならず開放感をもたらします。
1階には奥へと突き付ける洞窟のような空間が生まれ、山の風景を切りぬいたような緑が見える「緑洞」として家族の日常に彩りを添えます。

レッドシダー使用部分:デッキ材・フェンス材
フォレスト様緑洞の家

[設計デザイン・施工]
株式会社フォーレスト/フォーレストデザイン一級建築士事務所

HPアドレス:www.forestdesign.jp

表と裏にもフェンス板【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140403-2】

表と裏にフェンス板

フェンス用レッドシダーを購入しほぼ完成に近づいたので写真を送ります。
今回、家の隣に店舗が出来て、うちの庭が丸見えで気になるのでフェンスを作ることにしました。
人に聞いたり、雑誌を見たり、ネットで調べたり・・・
最初は表側だけの予定でしたが、横板を取り付けてから横板の間隔が空きすぎてると思い・・・
追加のレッドシダーを注文して裏からも横板を貼りました。

塗装はキシラデコールのマホガニーを選びました。
あとはもう1面の横板を貼って補強柱を取り付けたら完成です。
配送の件や手配も素早い対応をして頂き感謝してます。

北海道のI様より