洗濯干場への安全階段【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140628-1】

洗濯干場への安全階段

ウッドデッキにチャレンジしたのは初めてでした。慣れない図面書きと修正を1ケ月程掛けて何度も行い、この5月に約10日間程で仕上げました。
塗装用の馬作成、丸鋸やジグソーの直線切用治具作成やらで準備段階にも結構時間を費やしましたが念願のものづくりが成就した時は感激でした。

自宅の土地に傾斜があるため、庭にある洗濯干場への出入りはブロック設置による段差が生じていましたが、家内の家事負担軽減と安全を配慮して計画したもので、大きさは2000ミリx1500ミリのデッキに階段を付加した仕様になっています。
植木鉢を置いての鑑賞スペースにもなって庭の趣が激変しました。家内も喜んでいます。

ウッディロバートさんから届いた材料ですが有効に全て使いました。予備材は極力少なく注文したものの完璧な品質で安心して工事に専念できました。有難うございました。

北海道 J.S様より

家に合う自転車置き場【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140628-2】

家に合う自転車置き場をDIY

昨年引越しして、家に合う自転車置き場がなかなか見つからないためDIYにチャレンジすることにしました。
ホームセンターやネットを調べて送料と商品代金を合わせてもウッディロバートさんが一番安かったため決めました。
はじめてのDIYでしたがレッドシダーは加工しやすく、初心者の私にも扱いやすかったです。

届いたレッドシダーはめっちゃ綺麗でそのまま使いたかったですが、屋外使用のためチークで塗りました。内側はピニーです。
色塗りは妻と子供が塗ってくれました。
支柱は単管パイプを地面に埋め、外壁にレッドシダーを張りました。

残った材で収納とハムスターの家

少し多めに購入したため、余った分でベッド下収納と端材でハムスターの家を作りました。
すっかりDIYにはまってしまって、次はフェンスにチャレンジしたいと思っています。その際はまたよろしくお願いします。

三重県N様より

先端が円形のデッキ【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140627-1】

束柱と外枠の完成

ウッディロバートで購入したレッドシダーを使って、ウッドデッキを作りました。
束柱の長さを現物合わせで決めます。建物側を先に決め4x4材を定規にして庭先側と途中の束柱に長さを計ります。
水平を取るのに自動車用ジャッキが役に立ちます。
切り出した束柱に2x6材をコーススレッドで固定。クランプで仮止めし、ジャッキと水準器で水平を取りながらコーススレッドを打ち込みます。(1人作業のため)
外枠まで完成。デッキ先端を丸くするために外枠の構造が少し複雑になります。
外枠と根太の完成でほぼ平面図通り。

床張り開始。全体が均等に張れるように、柱周りの床材の位置決めと切欠き加工を行う。
これが結構時間を食う。
切欠き加工が完了したので、メインデッキに床材を並べてほぼ等間隔に敷き詰められることを確認。
メインデッキの床張り。2x4を敷き詰める。結合材はくぎを使用。コーススレッドは食い込みやすいので水が溜まり腐ってしまうから。

床張りで完成!

デッキ先端のカット、ベンチ用に2x10材をとりつけ。これは下からコーススレッドの斜め打ちで結合。この時はクランプしようが無いのでかみさんに押さえてもらった。
サブデッキの床張りで大工仕事は完了。

神奈川県T様より

木材屋さんを探してウッディロバートで【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140627-2】

庭の柵を製作

庭の柵を作ろうといくつか木材屋さんを探しました。
まったくの初心者だったので設計自体や木の大きさがよくわからなかったのですが、ウッディロバートさんのホームページで木のサイズ表や施工例を見ながら注文をしました。

後日、丁寧に包装された木材が届き、水性の木部保護塗料(オリーブ色)を2日かけて塗り、翌週妻と不慣れな者同士で組み立てました。
初の本格的DIYで良いものができてとても嬉しかったです。
これからも縁側やベンチ製作等でお願いしたいと思います。

千葉県 有田様より

隣地境界に目隠し板塀【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140624-1】

目隠し用板塀

作成したのは、隣地境界との目隠し用の板塀であり、境界の全てを囲ってはいません。大きさは見えている部分のみで、高さ1.8mx長さ3.6m、高さ1.2mx長さ5.4m程度です。
1人で土日のみ作業し、基礎部分の作成や塗装含め1ヵ月半ぐらいかかりました。
一番苦労したのは控柱用パイプの埋め込みでした。

柱地中は4x4用のフェンスブロックを使い、柱材はウリンの2x4材2100ミリ(他店で購入)にWRCの2x2材(2x4材を半割)を左右から接合しました。
左右から接合したWRCは、フェンスブロック以降の高さとし柱幅が140ミリ程度になってフェンスブロック内に沈みませんので、その部分で左右並行になるよう取り付けました。よって柱の垂直立ては前後方向の傾きのみを気にすれば良くて楽でした。

あとは左右接合したWRC部分に重なるようにWRCフェンス部材を切り出し、笠木部分から順に張り付けていって完成です。
なお、控え柱は70センチメートルの足場パイプを65センチメートルほど埋め込み、その上部に加工した木材をボルト止めし、控柱となるWRCとビス止め接合しています。
控柱の強度が気になりますが、先日の低気圧による強風でもビクともしていませんでしたのでホッとしているところです。
本当は、控柱は専門家のアドバイスをいただきたいところですね。
今後も使う予定がありますので、宜しくお願い致します。

千葉県O様より

フォーレスト様施工写真5【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140612-1】

株式会社フォーレスト様から届いた施工写真です。
デザイン性抜群のお宅に、当店レッドシダーを使って室内の天井材に利用して頂いております。

■施工例9:森に浮く家
森の中に浮かんでいるような2階部分には、クリア(無節-小節)のレッドシダーサイディング材を使用。重量感たっぷりに仕上がっています。
家の中の天井は迫力ある梁と存在感とともに貼りつめた色合い深いレッドシダーが圧巻です。
内も外も天然木に囲まれた暮らしがそこにあります。

レッドシダー使用部分:天井材

森に浮く家

[設計デザイン・施工]
株式会社フォーレスト/フォーレストデザイン一級建築士事務所

HPアドレス:www.forestdesign.jp

2回目のDIYでデッキ作成!【ウエスタンレッドシダー施工例 s20140610-1】

2回目のDIYでデッキ作成!

今回は息子宅にウッドデッキをDIY施工しました。
2回目のDIYでしたが久々の事で・・・サイズは1800x4500の大きめです。

初日は骨組みを3時間程度で完成!
2日目は息子も手伝ってくれたので床張りがスムーズでした。
3日目はひとりでボチボチとフェンスと階段を・・

こんな感じで完成しました。
早速、孫の龍侍もお気に入りでした・・・ありがとうございました。

佐賀県 M様より