ウエスタンレッドシダー フェンス門柱(パーゴラ)の施工例【ウエスタンレッドシダー施工例 s20181116-1】

当店のウエスタンレッドシダーをご購入いただいたお客様から施工時の注意された点と施工写真をいただきました。

・・・
  • ウエスタンレッドシダー 施工写真 パーゴラ
  • ウエスタンレッドシダー 施工写真 パーゴラ
  • ウエスタンレッドシダー 施工写真 パーゴラ
  • ウエスタンレッドシダー 施工写真 パーゴラ
  • ウエスタンレッドシダー 施工写真 パーゴラ

何時もお世話になってます。

此まで、ウッドデッキやフェンスの他、2016年秋頃には、パーゴラを兼ねたフェンス門柱作りました。
一寸遅く成りましたが、御礼にフェンス門柱の写真をお送りします。
完成後もデイジーやクレマチス等の宿根草を植栽したり、通路にグレー系のアンティークレンガを敷く等、色々楽しんでいます。
最近では、船舶ライトの設置により、夕暮れ時の雰囲気もなかなかです。
2年を経た今、庭にも馴染み、四季折々のフェンス門柱になりました。

その他、施工に当たり気づいた点、参考になればと思います。

1.基礎は、しっかりと

  • シンプルな構造にした為、柱は、長めのフェンスブロック(45cm位の)等でしっかり固定しました。
  • 柱は、フェンスブロックの深くまで、埋め込まず、モルタルで固定したナニワボルトやL鋼の金具に支持する等で、浅目の取り付けにしました。
    (水分や凍結による木材の膨張収縮を防ぐ事により、フェンスブロックの亀裂を防ぐ為です)

2.柱、軒材、梁材等も、しっかり固定

  • ビスの他に羽子板ボルトや専用金具で固定しました。

3.その他

  • つる性植物の為に設置した鉄製ワイヤーメッシュは、意外と優れ物安くて、丈夫、アンティークで、耐久性もまずまず?
    モルタル打設用に購入したワイヤーメッシュは、すでに5年を経過、この使い道であれば強度的な問題も少ないと思います。
    カットしてもサビは、表面だけの様で、まだ3年、5年と使えそうです。
    (ワイヤーメッシュ  ワイヤー径3.2mm、10×10cmメッシュ)を使用。

今後もメンテナンスを含め、大切に育てて行きたいと思います。
有り難うございました。

神奈川県 K様
・・・

濃褐色にされたのウエスタンレッドシダーと木々の緑のコントラストがすてきです。
これからもメンテナンスや装飾にチャレンジしてください!

ウエスタンレッドシダー デッキ材
ご購入いただいた皆様からの「施工写真」をお待ちしております。
送付先などはこちらをご参照ください。
ステキな特典もご用意しております。

デッキのフェンスと、デッキの上にパーゴラを設置しました【ウエスタンレッドシダー施工例 s20180905-1】

2年くらい前に1度写真投稿しましたが、その後、デッキのフェンスと、デッキの上にパーゴラを設置しましたので投稿させていただきます。

尚、パーゴラの屋根材の傾斜が上下逆さに設置してしまいました。ご愛嬌ということで、笑ってやってください。

また、オーニングも設置しましたが、手動による開閉も可能となっております。

デッキサイズは幅2.7m×奥行2.4m×高さ2.4m

静岡県 I様より

以前にいただいたお写真はこちら

前回、お写真をいただいた際に、ステップ、手すり、パーゴラをご予定と伺っておりました。
ご愛嬌を含め、ステキなウッドデッキに仕上げられ、その中に当店のウエスタンレッドシダーをご利用いただいたことをうれしく思います。
さらに増設する際には、またウッディロバートをご利用いただければと思います。

ウエスタンレッドシダー ウッドデッキ材
ウエスタンレッドシダー フェンス材

ご購入いただいた皆様からの「施工写真」をお待ちしております。
送付先などはこちらをご参照ください。
ステキな特典もご用意しております。

ウエスタンレッドシダーのテラス屋根【ウエスタンレッドシダー施工例 s20180619-1】

  • ウエスタンレッドシダー施工例

  • ウエスタンレッドシダー施工例
  • ウエスタンレッドシダー施工例

御社の木材で製作したテラス屋根です。
1月のセール時に購入したのですが、いろいろあり完成は6月になりました。
梅雨の洗濯干しに間に合うようにとのことでしたので、ギリギリではありますが。。。
作業時間は丸4日くらいかと。

屋根の部材はウエスタンレッドシダー、柱はヒノキで作成しました。
接語部分はシンプソン金具をペンキで塗り、屋根は中空ポリカを使用しています。
費用は木材やポリカ、束石などで3万円くらいだったかと(ビスなど細かい部品を除く)

立地上、風がかなり吹き込むため、ポリカの貼り付けを頑丈にしています。

柱と屋根の組立の時に焦ってしまい、壁との直角を測るのを忘れてしまいました。屋根の貼り付けで気付いた時には平行四辺形になり、軒先がガタガタになっています。

他にも細かい部分で失敗はありますが、素人としては概ね及第点かなと勝手に思っています。

次はウッドデッキでも挑戦しようかと思っています。その時はまたよろしくお願いします。

奈良県 K様

謙遜されておりますが、立派なものができあがったようにお見受けします。。
雨をしのぐという要望には十分お応えしているのではないでしょうか。
次回のウッドデッキも当店のウエスタンレッドシダーで挑戦していただけるとうれしいです。

ウエスタンレッドシダー ウッドデッキ材

ご購入いただいた皆様からの「施工写真」をお待ちしております。
送付先などはこちらをご参照ください。
ステキな特典もご用意しております。

ウエスタンレッドシダーのパーゴラ(バラのアーチになる予定)【ウエスタンレッドシダー施工例 s20180215-1】

  • ウエスタンレッドシダー 施工例 パーゴラ
  • ウエスタンレッドシダー 施工例 パーゴラ

当店でご購入いただいたウエスタンレッドシダーで制作させたパーゴラのお写真をいただきました。
将来的にはバラのアーチとなる予定だそうで、楽しみです。

千葉県 N様

ウエスタンレッドシダー デッキ材
ウエスタンレッドシダー フェンス材

ご購入いただいた皆様からの「施工写真」をお待ちしております。
送付先などはこちらをご参照ください。
ステキな特典もご用意しております。

長尺材でパーゴラ作成【ウエスタンレッドシダー施工例 s20160328-1】

長尺材料を用意いただき、ようやく完成しましたのでご報告まで。
我が家のウッドデッキにパーゴラを作ろうと思い立ち、HPを検索しているとウッディロバートさんのHPにヒットしたのがおつきあいの始まりでした。
材料もレッドシダーにし、以下の材料で作成しました。
2430x40x140 4本、2430x40x90 10本、
2430x90x90 4本、5480x40x140 4本

写真にもある机や椅子作りは経験がありましたが、今回のパーゴラのような大がかりなものを作るのは初めてでしたので、HPで色々なノウハウや作成例を見て作成にかかりました。

中でも一番難しかったのは、基礎工事とほぞ作りでした。
基礎工事では、水平と直角を合わせるのに何回も束を調整し、ようやくコンクリート打ちをしました。
ほぞ作りでは、材料に多少のひわみがあり、組み合わせてみるとうまくほぞが合わずノミで調整しました。

5mの長尺の梁だったので多少の不安がありましたが、息子たちを総動員し棟上げし、ようやく完成しました。
出来上がってみると懸念した不安を打ち消すような重厚感があり、初めてにしては満足できるものが完成したと思います。
家族からも焼き肉パーティーが楽しみだと労いの言葉もあり苦労が報われた思いでした。
まだまだ先の話ですが、ウッドデッキの張り替えはまたウッディロバートさんのレッドシダーを使い自分で施工しようと思っています。

島根県 S様より

居間から見るパーゴラに癒されます【ウエスタンレッドシダー施工例 s20160316-1】

70歳を過ぎて年々体力の低下を実感していますが、居間から見るパーゴラに癒され苦労したかいがあったと話しています。

5年半前に住居を建替えてから、パーゴラが欲しくなり仕様を検討し始めましたが、今回本格的に決心しいつもの通りパソコン(エクセエル)を使用して設計図を作成しました。
日曜大工が趣味で、本立て・本箱・テレビ台・パソコン用机等々の主として小物の作歴はありますが、今回計画したパーゴラは大物であって一人で完成させることが出来るかどうか自信はありませんでした。いざとなれば子供達を呼び寄せてと考えて着手しました。
屋外の作業の為、比較的天気が良く、そしてやぶ蚊が出ない時期ということで、4月から5月一杯を目安に計画しました。

仕様上の留意点等は次のとおりでした。
(1)居間の掃き出し口の幅に合わせ、パーゴラの幅は2.7mにする。
(2)出幅は庭側に1.8m程度にする。
(3)パーゴラは4本柱にする。(住居がヘーベルハウスの構造上パーゴラの片側を住居で支えることが出来ない)
(4)パーゴラの高さを4.5m程度とし、ルーバーの一部に屋根を設置し庇の下にオーバーラップさせる。(居間掃き出し口の上に形ばかりの庇が付いているが、ルーバーの一部に屋根を設置し、庇の下にオーバーラップさせて洗濯物を干せるようにする、また屋根作業の難易を考慮しルーバーを水平にする)
(5)材料は、耐久性に優れ工作が比較的容易なレッドシダーを使用する。
材料は近隣のホームセンターで入手可能だったが、在庫が少なく選別が困難で、また輸送上の問題もあったのでインターネットを利用してウッディロバートから購入しました。初めてなので若干不安はありましたが、十分満足出来る材料がリーズナブルな価格で入手出来、費用対効果、特に労力削減面で大正解だったと思っています。

作業の経過は次の通りです。
4月初旬に材料を発注し、数日後材料を受領して早速作業に取り掛かりました。
材料の整形は、購入時に依頼した他は規格品の活用により最小限で済むように計画したので、電動鋸で難なく終了しました。
土台と柱、柱と横木及び柱・横木と筋交の結合に12ミリ径のボルト・ナットを使用する為穴あけ作業が必要でした。垂直穴あけ用の簡易工具(手持ち)を使用しましたが、正確な穴あけに苦労しました。結果は不満足な作業となりました。

塗装は防虫防腐塗料のキシラデコールを使用し、カラレス1回、カスタニ2回塗りとしました。
乾燥時間を取らねばならず、天候との関係で完了までに約10日間を要しました。
レッドシダーにキシラデコールで耐久性は十分と感じています。

住居側の土台は、タイル張りのテラスの上に、庭側の土台は土の上に設置しました。
住居側は、タイルに丸い穴を掘りU字アンカーをモルタルで埋め込む(業者に依頼)方式に、庭側はメトポスト打ち込み式を検討しましたが、上手く打ち込みが出来るかどうか疑問を感じたので、コンクリート土台(羽子板付束石大27kg)を埋め込む方式にしました。
住居側土台は、強度を考え当初はH字アンカーを採用しようと思ったのですが、穴あけが大変だと聞いたのでU字アンカーを採用しました。
土台の位置決めおよび水平の確認に苦労しましたが、慎重に施工しおおむね満足の域に仕上がりました。

妻が3月末に体調を崩したため、組立はほぼ一人で実施する事になりました。
基本中の基本である柱の垂直に留意しつつ土台と柱を、柱と横木をそして柱・横木と筋交いをボルト・ナットで締め付けました・
ビスも使用しましたが、強度が必要な部分にボルト・ナットを使用したのは、また柱を挟む構造にしたのは正解だったと感じています。

余談になりますが、住宅街なのでインパクトドライバーは騒音の関係で使用しませんでした。
その分体力を消耗しました。そのためか、持病の腰痛を発症しいまだに回復していません。
テラスは、通常庭側に若干の傾斜をつけてあります。U字アンカーを埋め込む際、業者はそれを十分考慮しなかったようで、住宅側柱の垂直が気持ち正確に取れませんでした。心残りはこの件のみでした。

神奈川県S様より

物干し用パーゴラを作りました【ウエスタンレッドシダー施工例 s20160316-2】

5年前にSPFで作成した物干し台付ウッドデッキが老朽化したので作り直しました。
次の作り替え時の体力を考慮して、デッキは樹脂製、物干し台用パーゴラはレッドシダーを使用。
デッキとパーゴラは分離し、今後の作り直しにも柔軟に対応出来るようにしました。

資材の購入は反りや曲がりを考慮し、21本必要なところ26本購入し、残りは小物でも作ろうと思っていましたが、若干曲がっているものが2本あったものの派手な曲がりは無く全て使えるレベルで好成績でした。
ウッディロバートさんでの買い物も安心でき、初めて使ったレッドシダーも今まで使っていたSPFと比べかなり好印象だったので大変満足です。

白いパーゴラを作りたかったので、キシラデコールのワイスを使用しましたが、予想通りの色の薄さだったので、三度塗りをしました。流石に三度も塗れば真っ白になり、質も色も期待以上に仕上がりました。
残った資材で足りなくなる程の小物を作りたくなったら、また利用させて頂きます。

茨城県のM様より

玄関前の雨よけを作りました【ウエスタンレッドシダー施工例 s20160314-1】

先日購入したレッドシダーで玄関前の屋根がようやく完成しました。
建売の我が家は、玄関の上の屋根が短く、雨が降っている時は傘をさしたまま出入りしないとぬれてしまう状態でした。
昨年、屋根付き6畳のウッドデッキを作ったところ 家族から玄関の屋根の延長をリクエストされました。

ウッドデッキもそうでしたが、家の外壁には手をつけたくないので 自立させるための設計が大変でした。
結局、階段を延長してウッドデッキの床のように見立て、柱を立てました。
玄関という事で柱にはクリア材をおごっています。
予想以上にきれいな材で すっきり仕上がりました。

屋根は10度の傾斜にし、テント生地を張っています。
1間四方の雨よけで家族の評判も上々です。
以上、報告と御礼まで

川崎市 E様より

パーゴラのメンテナンスに使用しました【ウエスタンレッドシダー施工例 s20160314-2】

当社で設計、デザインした物件のその後のメンテナンスの一部として ウッディロバートの ウエスタンレッドシダーを使用させていただきました。
ホームセンターなどで見るウエスタンレッドシダーは 大きな節だらけですが、ウッディロバートのの材料は節も少なく、反った物も僅かで大変助かりました。

写真1 平成22年10月施工
東京都中野区の個人邸に7年前、予算の都合上、主にSPF材で作りました。ポリカの庇がかかっていない部分の傷みが目立ち始め、今回 柱、梁の一部、根太の一部をWRCで作り直しました。
梁や柱の鉛直投影部はアルミにて保護しています。
防腐剤は以前はバトンを使用していましたが、今回はクリアトップを使用しました。

写真2・3 平成22年9月施工
栃木県の某医療施設の庭園内に作ったパーゴラです。
6年前に庭園も全てデザインして造りましたが、赤城山からの風の影響で土台が腐り、自重でつぶれてしまいました。
以前は栂を使用していましたが、今回柱の下半分と土台をWRCで加工して更新しました。

柱のジョイント金物もアルミのチャンネルを加工して作成しています。
写真3は 事前にパーゴラの最上部のみWRCで更新しました。

一級建築士事務所 MUSE株式会社 様より

娘とエコパーゴラ!【ウエスタンレッドシダー施工例 s20160310-1】

親切にご指導いただきまして ありがとうございました。
昨年、マイホームを手に入れ、資金不足のため自分で庭作りを行っています。
時間はかかりますが、一人娘も手伝ってくれており、地道に進んでおります。

全く木の工作を行ったことはありませんが、何とか形になりました。
近所では有名なパーゴラです。(4mx3.4m)
購入した寸法から 4cmx6 を切り取っただけのエコパーゴラです。
素人、木造工作第一号にしては満足しており。妻も大喜びです。

次回は、住める家? 空間を作りたいと思っています。素人ではどうかな? とは思いますが 仕事の合間を見て娘と頑張りたいと思います。
次回も宜しくお願いします。

静岡県のI様より